×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


































京大漫研機関紙「風車小屋」68号に掲載。
出番のなかったカップ麺怪人は「幻の怪人」とされ、視聴者の同情が集中した。


←戻る